CHIMERA MUSIC

Various Artists / Chimera Music Release No.0

ショーン レノン、本田ゆか(チボマット)、シャーロット・ミュール(モデル、ミュージシャン)の3人で立ち上げたレーベルCHIMERA MUSIC (キメラ・ミュージック)。その所属アーティストのお披露目コンピレーションアルバム。
アメリカでは2009年夏からシリーズで発表されるそれぞれのバンドから2、3曲ずつ、日本びいきの三人のたっての希望で、世界に先駆け日本のみ先行発売のスペシャルエディションが実現した。 ショーンとシャーロットのTHE GOASTTは、ショーン初のデュエットバンド。4曲目の”Rainbows and Gasoline”では、グラミー賞最優秀プロデューサー賞にも輝くマーク・ロンソンがベースで参加。ベース以外はショーンが全ての楽器を演奏している。 本田ゆかはペトラ・ヘイドンとコーネリアスグループのあらきゆうこ、清水ひろたかとIF BY YESというバンドを結成。3曲目の”You Feel Right”はコーネリアスがリミックスを手がけている。 シャーロットはまた、幼なじみのイーデンとの女性デュエットKemp and Edenとしてもデビュー。10代の時に二人で書きためた曲を、彼女独特のコード感のアレンジで聞かせる。 もちろんショーンはSean Lennonとしてソロでも参加。8曲目の”Smoke & Mirrors”は昨年のツアー中に書き上げた曲。また12曲目の”Come Here Chimera”ではピアノソロを披露。6曲目”Hamlet’s Theme”と11曲目”El Sinore”は映画のサントラ用に書きおろしたもので、ショーンの幅広い音楽性を感じさせる。 また特筆すべきは、オノ・ヨーコが60年代終わりにはじめたYOKO ONO PLASTIC ONO BANDを再生すること。ショーンとの共同プロデュースで、キメラ・ミュージックからアルバムを出すことを発表している。2曲目の”ASK THE ELEPHANT!” 、13曲目の”CALLING”ではショーンはドラムも叩いている。

収録曲
♪マークをクリックすると試聴ができます。